スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイファ デッキ叩き台 エリーゼウィニー

現状エリーゼはノノチキ等強力なカードを回収するコントロール型を多く見かけるが、本来リソース消費が激しいウィニーデッキでも生きるのではないかと思い構築。
以下デッキ作成の構想
・ウィニーに求められるのは第1に手数の創出→射程持ちを入れる→弓なら射程も支援も文句なし 
・相手の主人公殴りまくりで暗闇も刺さる。主人公と同色にたくさんいる。
・みんな射程持ちで後衛に引いた主人公を必殺で追撃可能。
・事故回避+必殺回収に魔術
・エリーゼは序盤に主人公殴られることが多いけど、ウィニーだと周囲が放置されにくく、CC後にもオーブを残しやすい。
・必殺札2枚回収したり同名回収したりすることが可能。
・オーブ追加効果はあまり意識しなくてよさそう→エリーゼは4cのみでよさそう。

というわけで
エリーゼ5+白の弓12+黒のダークマージ16+ツクヨミシャラ8+自由枠9
自由枠はエリーゼの回避もうちょっと入れたりカムイギュンター入れたりが考えられる。

みたいな構築になるか。 
めっちゃ雑。
スポンサーサイト

サイファ デッキレシピ 赤青蒼井樹

主人公:ノーマル系男子 蒼井樹

【デッキ内容】
・1コスト(19枚)
1 ノーマル系男子 蒼井樹
4 若き幻影の君主 クロム
4 英雄志願 シンシア
4 若き天才騎士 ティアモ
3 大司祭ミロアの娘 リンダ
3 タリスの王女 シーダ

・3コスト(19枚)
4 正義の翼 シンシア
4 完璧なる天馬騎士 ティアモ
4 永遠の幼子 ノノ
4 天真爛漫な司祭 マリア
3 オーラの継承者 リンダ

・4コスト(4枚)
4 ロードに選ばれし若者 蒼井樹

・5コスト(8枚)
3 ザ・ライトスタッフ 蒼井樹
3 新たなる聖王 クロム
2 マムクート・プリンセス チキ

合計50枚(光の剣15枚+聖痕35枚)


【デッキ概要】
4c蒼井樹が後衛移動のスキルを持ち、マルスのような運用ができるのではないかと考えて構築。ミラージュクロムが中盤以降40打点を持つことで引っ張った後衛の小粒ユニットをしっかりと処理できる。基本的には後衛にユニットをためて戦力差をつけることを目的としているが、相手の展開次第では5c蒼井樹や5cクロムで強引に勝負をつけることも可能。白黒の展開系デッキに関してもシンシアやリンダが中盤から打点を持つことでしっかりと処理していくことができる。

【各カード概要】
・蒼井樹
1cはクロムを切って移動できるスキルを持つため、序盤のクロム展開は慎重に。
・クロム
ミラージュクロムは中盤以降40で場に残り、樹で引っ張ったユニットや壁に置いた低コストを処理できて非常に使い勝手が良い。5c樹でフルパンかける際の頭数にもなるため非常につよい。また、聖王の威光は強力な勝筋になりえるため極力大事にしたい。
・シンシア
中盤から高打点を持ち、さらに後衛に戻ることができる。残れば再度のCCや手製の手槍、天空紋章頼みとなるが威光展開したときの頭数などと使い道はある。
・ティアモ 
引っ張った後衛を一人で処理できたりする。
・リンダ
中盤に後衛から70を出せることを評価。ミラージュクロムで効果誘発したい。
・シーダ
支援、リンダ誘発用。
・ノノ
最強。
・マリア
ノノチキ持ってきてリソースを絶やさない。つよい。
・チキ 
マリアのお供。

サイファ デッキレシピ 赤青クロム

主人公:イーリス聖王国の王子 クロム

【デッキ内容】
・1コスト(24枚)
3 イーリス聖王国の王子 クロム
4 若き天才騎士 ティアモ
4 花占いの乙女 スミア
4 竜好きの竜騎士 セルジュ
4 風の魔道師 マリク
4 大司祭ミロアの娘 リンダ
1 辺境の聖女 レナ

・3コスト(16枚)
4 完璧なる天馬騎士 ティアモ
4 オーラの継承者 リンダ
4 永遠の幼子 ノノ
4 慈愛の聖女 レナ

・4コスト(8枚)
4 聖王国の守護者 クロム
4 疾風の賢者 マリク

・5コスト(2枚)
2 新たなる聖王 クロム

合計50枚(光の剣21枚+聖痕29枚)

【デッキ概要】
クロムの強みであるCC時+20の効果を最大限に生かすため、魔術の紋章やリンダ、マリク、レナの効果で上下をそろえやすくする体制を作ることを主眼としたデッキ。多くのユニットが射程1-2を持ち後衛にも手が出やすく、どれもクロムの効果により高打点で殴ることができる。3弾環境においては後衛からギュンターを処理できる打点を持てることは非常に重要だと思う。後衛にユニットがたまったら5-4に乗り聖王の威光で〆るというプランもある。

【各カード概要】
・クロム
威光はオマケなので対速攻が気になるなら3-2に差し替えてもいいかもしれない。
・ティアモ 
相手にかかる圧力が尋常じゃない上に支援30なので入らない理由がない。
・スミア セルジュ
レナリンダマリクが後衛を殴りたい時に出せる上にレナリンダ誘発できるので優秀。
・リンダ
ハンド交換ネキ。別にCCしなくても70打点になるのは評価できる。
・レナ
下級がないときに。下級は事故回避用。ハンド交換が豊富なので1枚だけ。
・マリク
回避切られそうでもエクスカリバーで圧力をかけていきたい。
・ノノ
思考停止4投。

サイファ デッキレシピ 白黒青カムイ(女)

主人公:暗夜王国の王女 カムイ(女)

【デッキ内容】
・1コスト(21枚)
1 暗夜王国の王女 カムイ(女)
4 前向きな弓使い キサラギ
4 歌う天馬武者 シグレ
3 見習い天馬武者 エマ
3 竜の御子 カンナ(男)
3 竜の幼姫 カンナ(女)
3 若き天才騎士 ティアモ

・3コスト(15枚)
4 黄昏を進みし王女 カムイ(女)
4 忠実なる執事 ジョーカー
2 忠節なる老騎士 ギュンター
2 王道を進む聖騎士 ジークベルト
3 永遠の幼子 ノノ

・4コスト(14枚)
4 終焔の白神子 カムイ(女)
4 未来を選びし王子 カムイ(男)
2 昇雷の竜騎 リョウマ
2 逢魔の歌姫 アクア 
2 飛翔せし漆黒の翼 ジェローム

合計50枚(白夜22枚+暗夜20枚+聖痕8枚)

【デッキ概要】
3弾環境で大流行しているカム子デッキ。東京地区予選の代表の人が使用していた青タッチしたタイプを自分の使いやすい形にアレンジしたもの。射程やライブ、支援などのバランスを調整した結果このような形にたどり着いた。
光と闇の炎刃によって出撃コストを無視した展開ができる。これが最大限に生きるのは相手ターンに処理しきれない数を展開して70ユニットを相手ターンですべて処理することを許さない動きだと思う。そのため3ターン目に無理にギュンターを呼ぶ必要はない。理想は5絆でカムイ男と1カンナをだし、カムイ女効果でギュンターかジークベルトを召喚する動き。70以上で4パンチできる。終盤は、ハンドが少なくなってもリバースコストさえあれば息が続くので、ノノが維持できそうな盤面であればカムイの1手を捨ててでもノノを召喚する手もあり。
・対マルス
エリスが非常に厄介。特に2ターン目に出てきた場合苦戦は必至。エリスの処理とカムイ男を切るタイミングを見計らっていきたい。
・対リズ
戦闘力60でありカンナでも割りやすいために、ひたすらリズを殴ってジリ貧に追い込みたい。相手もヘンリー使う余裕はないはず。マムクートを壁にするタイプが多いのでアクアを差した。
・対キヌ
1ターンにたくさん出しても意味がないので相手の息切れを待ちたい。こちらはノノがいる上にリバースさえあれば戦えるので長持ちするはず。

【各カード概要】
・カムイ(女)
最強カード。CC先の選択肢は、低コストカードが多くないことを鑑み3-2とした。4-3黒も5-4も欲しいカードではない。
・キサラギ
支援用。最初はもっと弓が多かったが、70ユニットを維持できる確率が上がる天馬へととってかわられた。タクミとは選択。
・シグレ エマ ティアモ
支援用。エマは上級シグレだったがノノを採用したので前に出したときに下がれる確率があがるようにエマに変更。
・カンナ男女
カムイ男の連なる思いの頭数として最適。竜人をめくると大きく有利になる。
・ジョーカー
ライブ要員兼後衛アタッカー。カムイ効果で呼び出すこともできる。4リバース使うがカムイ効果で出してライブでカムイ回収して延命するという荒業も。
・ギュンター ジークベルト
ジェイガン系を3枚以上入れたくないです。覇道を継ぐ者はエリーゼやエリスあたりには使う価値があるかもしれない。
・ノノ
これを入れて劇的に強くなった。前述のとおりリバースコストさえあれば息切れしにくいので、絆に干渉できるノノは噛み合っていると思う。
・カムイ(男)
強い。維持したいけど難しい。
・リョウマ ジェローム
出せる支援用カード。
・アクア 
リズがノノチキを壁にすることが多かったために採用。手数を消費せずに撃破できることが重要。余談だがこのデッキもマムクート依存度が高いのでアクアがキツい。支援10を我慢する価値はあると思う。

サイファ デッキレシピ 白黒キヌ

主人公:じゃれつき妖狐 キヌ

【デッキ内容】
・1コスト(22枚)
4 じゃれつき妖狐 キヌ
4 白夜の弟王子 タクミ
4 ぼんやり弓使い セツナ
4 前向きな弓使い キサラギ
2 白夜の妹王女 サクラ
2 歌う天馬武者 シグレ
2 見習い天馬武者 エマ

・3コスト(19枚)
4 金毛の妖娘 キヌ
4 美声の天馬武者 シグレ
4 紅のメイド ヒノカ
4 闇陰の教導者 シェイド
3 忠節なる老騎士 ギュンター

・4コスト(9枚)
4 終焔の白神子 カムイ(女)
4 暗黒の陰陽師 マークス
1 氷のメイド フローラ

合計50枚(白夜38枚+暗夜12枚)

【デッキ概要】
速攻に寄せた白黒キヌ。基本方針はキヌや女カムイのスキルで手数増やしながら早期のフィニッシュを狙う。後衛に手が出るユニットも多く主人公を孤立させながら殴ることも可能。豊富な弓支援によってライなどの硬い主人公にも手が出やすい。反面早期決着できないと息切れしがちなので緩急を意識して展開していくといいかもしれない。

【各カード概要】
・キヌ
上級の開始時効果で有用な戦力を落ちやすくするためにギュンターや陰陽師マークスを採用している。展開するとパンプされるため、相手はフルパンかけにくく、すぐにフィニッシュされることはまれ。
・タクミ セツナ キサラギ
弓支援はガン詰み。速攻寄り故。
・サクラ
事故用だけどこれ使う時点で大分敗勢濃厚だと思われる。焼け石に水感あるので抜いてもいいかも。上級1種マンの宿命。
・シグレ エマ
支援用。
・ヒノカ シェイド
黒をかなり減らしているので高確率で+10を望むことができ、実質4コストの戦力として期待できる。3コス1-2なのに70主人公も十分撃破圏内に。
・ギュンター
展開しても強いしキヌで持ってきても強いしカムイで持ってきても強い。
・カムイ(女)
明らかに強い。4ターン目に70を2体出せるのおかしい。
・マークス
射程1-2で戦闘60を買って採用。ここはいろいろ選択肢がありそう。
・フローラ
ピン差ししたけど本格的に運用するなら3枚は欲しいと感じた。
プロフィール

E

Author:E
人生について語ります。ツイッターIDは@Boku_Esan_dayo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。